30代から40代 スキンケアは大切です

お肌の生まれ変わりについてまとめます。
表皮は4つの細胞層で形成されています。
一番奥の基底層で細胞が生まれ、奥底から表皮へ動き
古くなった角化細胞がめくれていきます。

こうした周期がターンオーバーなのです。
サイクルの日数は約30日から60日ですが、
しかし年齢とともに2ヶ月くらいになったりします。
30代を過ぎたお肌はお手入れが大切です。
多くの方が変化を感じる時期です。
肌の生まれ変わりが遅れお肌の老化が進むので、
サプリメントも重要になります。

シミやくすみに効くビタミンCや、亜鉛や
大豆イソフラボンなどで若返り肌を目指します。
スキンケアサロンやヨガなどで血行を良くするのも
ポイントです。
大人のニキビの原因は10代の頃のニキビとは違います。
10代は皮脂が出過ぎるので汚れを取れば完治しますが、
成人後のニキビだと保湿力減少や細胞の
入れ替わりの遅れが要因なのです。

表皮が毛穴を閉じ込めてしまいます。
すべきことは新陳代謝をアップしビタミンCを
たくさん摂ったりして、根本的な対処が必要です。
混合肌は日本人女性に多い悩みです。
鼻からおでこまではベタつきやすく毛穴を
塞いでいないか確認しましょう。
Uゾーンは皮脂腺が少ないので、雑菌や温度変化で
傷みやすいので潤いが保てず荒れやすくなります。

美肌大国を呼ばれる韓国。
どうすればあんな美肌になれるのでしょう。
女優やモデルさんの間には、メイクやスキンケアも
ない日や肥沃な土のパックをするなど韓国独自のお肌ケアがありました。
また食べ物ではキムチのアンチエイジング効果や
メラニン色素を抑える働きもあります。
化粧品は韓国のものを買ったり、キムチ効果も取り入れましょう。
毎日しているかもしれませんが、スキンケアの注意点をおさらいしましょう。
スキンケアのタイミングはお風呂の後。
潤いを与える化粧水で、角質層まで水分を送ります。

その次は美容液がいいです。
美白効果やたるみ防止など年齢と戦う成分を与えます。
そしてラストに乳液やクリームでしっかり閉じ込めましょう。
スキンケアは年齢により使い分けが必要です。
年齢とともに代謝が衰えるため年齢に合わせたお手入れをします。
20代を過ぎると皮脂が減るので奥まで水分を与えて、
真皮層からプルプルにします。
肌年齢が進む40代ではヒアルロン酸や保湿パワーの
高いスキンケアを選択して使いましょう。
紫外線対策はどの季節も必要です。

春と夏と秋はUVB、1年を通して多いのがUVAです。
紫外線防御値の高い日焼け止めなら紫外線の大半は防御できます。
ただ効果は1日中はもたず屋外なら3時間くらいでこまめに塗り直します。
軽い日焼けの後は、スキンケアでたっぷり潤わせてください。
お肌を美しくする食材もあります。
暑い時期はスキンケアに注意です。

表面は皮脂が増えますが皮膚の下は乾いているのです。
汗をかくからといっていつもより洗顔を増やすのは逆効果です。
なるべく脂質成分の少ない乳液や、
サラっとしたタイプの化粧水をつけましょう。
少し減らした乳液を、 顔を手でしばらく覆うと
温まり ベタつきが減ります。
30代・40代女性にお得なスキンケアセットを利用するのも良いかも?
アラフォー化粧品

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする